寿印のうた☆プリ日記

うた☆プリ全般について雑多に感想を述べる完全に個人の意見しかないブログです(*^^*)

劇団シャイニング「マスカレイドミラージュ」大千穐楽ライブビューイング感想

 

10月8日(日)劇団シャイニング「マスカレイドミラージュ」大千穐楽のライブビューイングに行ってまいりました!

うたの☆プリンスさまっ♪の舞台化ということで賛否両論荒れに荒れた印象が強い舞台化でしたね。実際のところ私も2.5次元舞台の良さが分かっていなかった者のひとりでして……まず舞台化が発表された時舞台というものを見に行ったことがなかったんですね。だから舞台の良さというものが分からなかったっていうのがまずありました。

しかし、8月26日にアプリゲーム「アイ★チュウ」の舞台を見に行って2.5次元に関する印象がガラッと変わりました。推しが動いているというのは素晴らしいですね!心が踊りました(*^^*)

そしてマスカレイドミラージュのライブビューイング実施が発表され、私は推しの嶺二が1代目を演じたということもあり、すぐ応募しました。現地は少し遠いし、交通費もかかるので当時あきらめたんですよね。でもライブビューイングやってくれるなんて……(゜-Å)ホロリありがたい。プリライ6thに一緒に行った友人と観劇に行きました。

ひとことで言うと想像以上でした!あのドラマCDをここまで昇華させることができるとは……。圧巻でした。私は泣いていました。友人も何度も泣きそうになったとか……。

では、順番もセリフも違うかもしれませんが、印象的だった場面を振り返っていこうと思います。

ここから多分にネタバレを含みますので、DVD発売までネタバレ見たくない!という方はお読みにならないように……。

 

 

ドラマCDの1ヶ月後(だったっけ?)、まあ1ヶ月後か数ヶ月後の話です。アインザッツに妹のネックレスを盗まれたレイジーと警察のシーノ。ある仮面舞踏会にやって来てそこでアインザッツと再会します。

アインザッツが狙っているのは、仮面舞踏会の主催者ジルコニアが持っているルビーの指輪

なぜそれを狙っているかというと……永遠の命を手に入れるため。

2代目の「マスカレイドミラージュ」1代目の時には明かされていなかった彼らの設定が明らかになっていきます。アインザッツは実はジャルマンという錬金術師が作り出したオートマタという機械人形。動力は宝石。以前レイジーの妹から奪ったルビーも彼の原動力となっている訳です。ジルコニアのルビーは価値が高くそれを動力にすれば永遠の命を手に入れることができるのだとか……。人間じゃないという部分が1代目キャストのAIである美風藍を連想させます。他のキャストも1代目にはなかったキャラクター付けや設定が出てきます。レイジーと妹は実は血が繋がっていないんですね。1代目のとき「本当の兄じゃないって言ったらどうする?」と言っていましたがこれ本当だったんですね。「ぼくは正真正銘君と血が繋がった実の兄貴だよ」は大嘘だったわけです。また、彼は貴族であることに憤りを感じています。このさらっと嘘をつくところや今の職業に憤りを感じているところも1代目キャストの寿嶺二を連想させます。シーノが二重人格になった理由も明かされました。幼い頃誘拐されたことがきっかけだったようです。二重人格の部分も1代目キャスト四ノ宮那月を連想させますね。

 

ここから特に印象に残ったシーンを語っていきたいと思います。

 

 嶺二語録

まさかまさかまさか!2代目キャストが嶺二語録を発してくださるとは!!!公演中「よろしくマッチョッチョ」と言ってくださいました!しかしややスベリ……そんなところも嶺二らしい……(そんなとこ受け継がなくていい……)。カテコでも「マイガール」「サンキューベリベリマッチョッチョ」と嶺二語録を発してくださいましたよ!

 

嘘つき

劇中レイジーはアインザッツ「ぼくがいつも嘘をついているから、嘘をついている人が分かるんだ」と言い放ちます。

またレイジーはこんなこと言って……私たちマイガールを狂わせるのです。

 

因縁のひとこと

これもアインザッツとレイジーが対面するシーンです。アインザッツがレイジーに発するひとことですね。

「ボクに誰を重ねているの?」

ここでもう私は大号泣でした。劇中で1番泣きました。というかそんなに泣くような舞台だと思わずにライブビューイングに行ったんですね。これはもう……ダメだよ……。

舞台だけを見に行った人からするとレイジーがアインザッツに重ねているのは「シーノ」です。レイジーはシーノと幼い頃誘拐されているわけですから。しかしこちとら寿嶺二クラスタです。「重ねているのはアイツだろ!」と思い当たる節がある訳です。これはうたプリを知る人が想像して楽しめる部分でした。

 

殺陣

とにかく殺陣が圧巻でした!正直仮面舞踏会が舞台なのでこんなに闘いのシーンがあるとは思っていませんでした。とても見応えがあってこちらにまで臨場感が伝わってきました。

 

結びに……

オリジナル曲もありましたし、千穐楽なのでカテコ4回もあって大大大満足でした!最初はうたプリ作品の2.5次元舞台ってどうなの?と思っていたのですが、これはこれで楽しめる舞台でした。

 

4月にあるJOKER TRAPも楽しみですね(^^*)

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。