寿印のうた☆プリ日記

うた☆プリ全般について雑多に感想を述べる完全に個人の意見しかないブログです(*^^*)

A3! 新生秋組第3回公演「任侠伝・流れ者銀二」



こんにちは!いつもうたプリのブログを書いている者です。今回はA3!についてのブログを書きました。

A3!はアイ★チュウと同じリベルのソシャゲですね。わたくしアイ★チュウリリース日からプレイし、課金するほどやり込んでいるんですが、そのアイ★チュウに事前登録しろと言われ(語弊)、事前登録したのがA3!ですね。それが私とA3!との出会い……。今では両方ハマりポチポチやっております。

推しの古市左京が主演のイベント!何としても開花させねば!と意気込みました。

以後ストーリーとバクステについてのネタバレを多分に含みます。それでもよろしい方は先をお読みください。

※監督名はデフォルトのいづみでプレイしています。


f:id:h-nami-0726:20171002005129j:image

 

 

第1話
f:id:h-nami-0726:20171002223957j:image

左京の怒声から始まるイベスト……。稽古中ですね。他の団員も「へい!」って返事してるし、ここはどこかの組の事務所かな……?と思ってたら監督のいづみちゃんも同じことを思っていた……。

すると画面が変わり、主演決めの場面へ……。

秋組の4人は左京主演を押していますが、左京はまた若い人に譲ろうとしてしまいます。

臣が第2回公演で左京に言われたことを繰り返し、監督のいづみちゃんにも押し切られる形で主演を引き受けます。
f:id:h-nami-0726:20171002223920j:image

あ、ここの左京好きです(単なる好み)

そしてまた場面は稽古に戻ります。みんな座長の左京の厳しい稽古に音をあげている……!(あの人生スーパーウルトライージーモードの万里でさえも!)第3回秋組公演大丈夫か!?

ここで明かされる綴が書いた脚本が任侠モノであるという事実。いやいやいや、古市左京の本職じゃねーか。監修完璧。

時代背景も違うのでセリフも今の言葉と結構違いますね。うおー、本当に「お控えなすって」って言ってるー!本当にこんなこと言うのね〜!十座が組の若頭とかいいじゃないの。太一の迫田2号もハマってる。臣くんはまたヒール役してる……。万里が下っ端w

 

あれ?稽古から場面が変わって……。え?ここ、ヤクザの事務所……。なんか仁王像立ってますけど……。会長とか出てきたwいやもう本職こっちに見せてくれるの?ありがたい……。寮で最年長の左京がここでは組員なんですね。ちょっと新鮮。言葉遣いもそっちの世界の方の言葉遣いですね。「へい」とか「ちったぁ」とか言ってますね。良きです……。新たな魅力発見です。

ん?例の金がもうすぐ貯まる……?「例の金」ってなんだ?

とか思っていたらまた場面が変わって、ポートレイトの音楽が流れ始めます。背景は住宅街と高架下。会長と一朗と左京が出てきます。まだ銀泉会に入ってない時の左京ですね。一朗のほうが左京より年下なのに左京を呼び捨てしている理由が分かりましたね。

「どうしてそんなに金がいるんだ」

この会長のひとことに左京が答えようとしたところで第1話は終わります。

あら、なんか重いストーリーな予感……。

 

第2話

そして現在に場面は戻ります。

ひいい〜!左京の稽古は厳しそうですね〜。私は根性が無いので絶対逃げますね。小学生時代こういう先生が1番苦手でしたね。はい、本題に戻ります。

また十座と万里はケンカしてるし(万里が突っかかるのが悪いけど)、幸は毎公演おなじみの衣装合わせにやってきます。
f:id:h-nami-0726:20171002223659j:image
十座のシャツめっちゃ返り血みたいな柄ですけど……。古市左京は着物も似合いますな。メガネなしも良きですな……。

そして談話室で役が抜けない秋組団員たち。純粋な咲也をおびえさせないで〜!てか今日の晩ごはん臣特製ローストビーフとか私にも食べさせて〜!

ここで左京が日曜は稽古に参加できないと言ってきます。
f:id:h-nami-0726:20171002223728j:image

野暮用……?そして日曜日。左京の舎弟でファン第一号の迫田が左京応援オリジナルグッズを寮で作ってます。ノリノリですね。ここで迫田は…………
f:id:h-nami-0726:20171002223806j:image

うっかり左京がマンションの内覧に行っていると口を滑らせます。左京に誰にも言うなと言われてたらしいです。迫田にはちゃんと伝える古市左京。良いですね。←?

「マンションの内覧……」

あああ……不穏な空気が……。

 

第3話

迫田が口を滑らせた一件で稽古に身が入らない秋組団員たち。

なんで自分たちに内緒でマンションの内覧なんて……。マンションを買うつもりなの?左京は寮を出ていってしまうの?でも何で?
f:id:h-nami-0726:20171002222955j:image

結婚?
f:id:h-nami-0726:20171002223008j:image

子どもができた?

いやいや、臣くん……子どもは話が飛びすぎですよ!

左京は劇団を……やめるのか?

万里!うるさいのがいなくなって良くなるとかいうのやめろ!(そうかもしれんが……)迫田に内緒と言われたので聞くに聞けない……。

うわー、ここで左京稽古に合流しちゃった。稽古の空気も悪いですね……。そんな空気の中稽古が進んでいくのでもちろん上手くいくはずがありません。
f:id:h-nami-0726:20171002223043j:image

あー!ここ!ここの左京のセリフすごくグッときますよね……。座長として頑張ってるのに周りが付いてきてくれない。自分だけ突っ走ってガムシャラになってるんじゃないかと冷めちゃう瞬間……。長やリーダーをやったことある人なら経験あるのでは……。

日頃の生活でもすれ違う秋組団員と左京。でもなんか万里がリーダーらしくしてたので、第1部からの成長を感じました。

まさかマンションの内覧が団員にバレているとは思わないためまったく心当たりがない左京。
f:id:h-nami-0726:20171002223138j:image

え……?古市左京がここまで年齢を気にしたこと過去にあった?まあ、こういう場面はまた出てくるので、ここでは触れずにおきます。

 

第4話

あーあ……空気が悪いのが左京にも伝染してしまったよ。この稽古の空気感良くないですね……。

そんな空気の中また明日は夜から稽古に合流するという左京。秋組団員の顔が曇ります。またマンションの内覧に行くんでしょうね……。

さすがに今のままではまずいと思った監督のいづみちゃんは左京に話を聞いてみることに。

いや、バルコニーで会ってもめっちゃ無言な2人。いつ「……。」が終わるんだ?と思ってたら唐突に左京の方から話し始めます。
f:id:h-nami-0726:20171002222443j:image
f:id:h-nami-0726:20171002222454j:image

過去のMANKAIカンパニーを知る唯一の現劇団員の左京。今自分が主演としてこの舞台に立ってるなんて夢か妄想かも……とからしくないことを言ってしまいます。誰よりもMANKAIカンパニーを大切に思っている彼。この舞台、絶対成功させたい。その思いは揺らぎません。

いづみちゃんも絶対に舞台を成功させたいという気持ちは同じ。だとしたら、変わってしまったのは左京ではなく他の秋組の4人……?いづみちゃんはほかの4人とケンカでもしたのかと左京に問います。

左京にもこうなってしまった心当たりはありません。まず年齢が違いすぎてケンカにもならない、ヤクザの自分と彼らでは育ってきた環境も違いすぎる……。

え?古市左京がここまで年齢と職業を気にしたこと過去にあった?(このブログでこの問い2回目)

でもいづみちゃんも同じことを思ってたみたいですね。彼がここまで自分の年齢と職業を気にするのは珍しいです。

ああ……どんどん弱気になっていく左京さん……。そんな左京をいづみちゃんは叱咤します。
f:id:h-nami-0726:20171002222606j:image
f:id:h-nami-0726:20171002222624j:image

ここでいづみちゃんが「すみません、生意気言って」って言った時「お前が生意気じゃねぇ時なんてあったか?」っていう古市左京はズルいです。(いいぞ!もっとやれ!)

次の第5話でいづみちゃんは他の団員にも話を聞いてみることに……。

 

第5話

話を聞いてみますが、秋組団員はいづみちゃんに何も教えてはくれません。総監督には言えませんよね……。

ここでフライヤーが刷り上がったと話題を変えるいづみちゃん。十座は弟の九門にあげるために3枚もらうみたいです。てか保存用、観賞用、普段使い用って……(普段使い用って何?友達に見せるやつとか?)

次の日九門くんにフライヤーをあげるために実家に帰る十座。帰る電車の中で左京を見つけます。左京は年上の女性と一緒にいます。てかこの女性が「優しそうな女性」って表されてるのジワる。

この女性が結婚相手?と早とちりしてしまう十座。十座の中で左京の好みが年上の女性に……。違うよ!左京が好きなのは年下の……おおっと!危ない……。本編に戻ろう。

どうやら十座は左京を尾行することに決めたようです。

しかーし!マンションの前で見つかってしまう十座!そら180cm越え高校生は目立つよ……。

 

第6話

「優しそうな女性」に弟分の迫田と間違えられる十座。不動産屋に左京の弟と間違えられる十座。

もうマンションを買うことは不動産屋さんと左京の間ではほぼ決まっているようです。そんな時「優しそうな女性」はマンションの購入を断る!なんで!見た感じ郊外のマンションでいい感じなのに!私は田舎育ちなので一軒家の方がいいけどね!(お前の意見は聞いてない)
f:id:h-nami-0726:20171002222024j:image

ん?母さん?この「優しそうな女性」は左京のお母さん?てか左京母親のこと「母さん」って言ってんの?「おふくろ」とかじゃないの?めっちゃ萌えるじゃん……。

左京の母親はマンションの購入を断り、なぜか左京、左京母、十座でお茶する事に。

十座と左京の関係性も分からないままお茶をし、十座にパンケーキを頼む左京母推せます……!

どうやら左京母は劇団の事とか諸々のことは何も知らなかったみたいですね。主演じゃない、どうして言ってくれなかったのよ!とかなんだろ、反応がうちの母と同じだよね。あの学習発表会で劇することになった時の母の反応思い出すわ。世の中の母ってみんなこんななのかな。絶対行くわ!という母に来なくていいと言う左京。この光景もなんか我が家で見たことあるわ、息子と母ってどこもこんな感じなのかしら。

そして話はマンションの話に戻ります。親孝行としてマンションを母に買ってあげようとしていた左京。ここでマンションの内覧をしていた理由が分かりますね。なんかここで母が「ケガしてないかあの人も心配してる」って言った時、そういや古市左京ヤクザだったわ……って思い出す。

どうやら家にお金も入れていたようです。どんだけいい息子だよ……。500円玉貯金してることも母にバラされる……かわいいかよ。

場面変わって左京と十座は帰路につきます。左京母とは分かれた後ですね。

ここで十座は左京になぜヤクザになったのかと問います。優しそうな左京母を見たことで何か思うことがあったのでしょう。

おっと、ここで雨が……!開花前のSSRの絵柄だ!この場面だったんだな!

ファミレスで雨宿りでもしようという左京。ここで、左京がヤクザの世界へ足を踏み入れた理由が明かされる――。

 

第7話

ポートレイト風に左京の一人称で過去が紡がれていきます。シングルマザーの母親の助けになりたくて、高校時代ヤクザの使いっ走りを始めたようです。それでもMANKAIカンパニーの公演は毎回欠かさず見に行っていたみたいですね。裏社会に足を突っ込んだ自分が後ろめたくて公演中に泣いてしまったこともあったそう……。

 ある雨の日運び屋をしていた左京。そこで今いる銀泉会の会長泉田喜久雄に出会います(ボコボコにされたらしいけど)。この組の名前に「泉」って入ってるのと会長の名前に左京のイメージフラワーの「きく」が入っているのが憎い計らいですね。

会長に身の上話をぶちまけ「まっとうなヤクザの稼ぎ方を教えてやる」と言われ左京は銀泉会に入ることに。まっとうなヤクザの稼ぎ方って何なんですかね。たぶん麻薬とかの取引はまっとうじゃないですよね。みかじめ料とかで稼ぐのがまっとうなんでしょうか、私は裏社会のことはよく分かりませんが……。まああのたこ焼き焼いてたバクステはまっとうなヤクザでしたね。

7話は一話まるまる使って左京の過去が語られました。

 

第8話

背景がファミレスに!そうだ!6話でファミレスで雨宿りすることになったんだった!銀泉会に入った話ファミレスでするんかい!
f:id:h-nami-0726:20171002221743j:image

左京「ファミレスでする話じゃなかったか」(ほんとそれ)

どうやらマンションを買うという親孝行は会長から言われてお金を貯め始めたらしいです。だから1話で会長が小遣いあげてたんですね、はい、話が繋がった。「例の金」の謎も解けた。てか10年やそこらでマンション買えるお金貯めれる左京もすごいよ。

数年前に母親は再婚し、男性方には連れ子がいたので左京には妹ができたのだそう。そういえば太一のバクステで妹がいるって話出てきたな……。血が繋がった妹じゃなかったのか……。母親は再婚相手の家に今は住んでいるらしく左京の部屋も用意されてるようなのですが、ヤクザの自分が近づいて変な噂になったり、妹がいじめられたりするのを避けるため家には帰っていないそう。

ここで十座が口を開きます。秋組のみんなが左京が寮を出ていくんじゃないかと心配していたことを告げます(迫田が口滑らせたこともバレたよ、彼の身が心配だよ)。十座は左京がみんなから必要とされている、かけがえのない存在であることに気づけと言います。第二回公演でこんなふうに臣に突っかかっていたことを思い出しますね。あらー、「愛」なんて言葉使っちゃって。でもそうですね、この言葉が1番わかりやすくてふさわしい言葉かもしれないですね。十座らしいです。

そして2人は寮に帰ってきます。すると玄関で「左京さん!寮を出ていっちゃうって本当ですか!総監督の私に相談せずに決めちゃうなんて水臭いです!」と怒ったいづみちゃんが!いづみちゃんにバレちゃったみたいですね。秋組のみんなも出てきます。愛されてます、古市左京……。これが「愛」ってやつですよ、左京さん……。

 

第9話

談話室でマンションの内覧をしていた理由をみんなに話し一件落着。

十座と左京がサシで話したことでお互い分かったことがあった様子。左京は自分の若い頃と十座を重ね、十座は左京も自分と同じで空回ったり悩んだりする人間だということを理解したようです。話すことって大切ですよね……そこで……。

秋組団員といづみちゃんでトークテーマを決めて毎日コミュニケーションを取ることにしたようです!しかーし!1人30代の古市左京、ジェネレーションギャップが彼を襲う!!!私、うめぇ棒とベビームーンラーメンの元ネタは分かったけど左京の言った「印鑑ください」の元ネタは分からなかった……(どうやら「ハンコください」というお菓子のパロらしい)頑張れ、古市左京……!

 

第10話

第10話は公演ですね。「任侠伝・流れ者銀二」の幕が開きます。

初っ端の名乗りからヤクザ言葉満載で分からねぇ……。フォロワーさんに教えていただいたよ……。その節はどうもありがとうございました。

ここの背景素敵だよね〜。
f:id:h-nami-0726:20171002221350j:image

でも神棚があるから神道なんだね、龍田組は神道……と。ん?
f:id:h-nami-0726:20171002221402j:image

横田の組も神棚あるよ?これお決まりなのかな……。あと横田組のデカい熊と鷲(鷹?)の置物も何か意味あるのかな、また調べよう。

この公演対決のシーン多いからアクションすごいよね。学生の4人に混じって引けを取らない三十路古市左京の身体能力何なん……ヤバいよ、この人ヤバい。最後大立ち回りだし……。動きのある舞台ってすごく映えるんですよね……。

そして初演は大成功!男性客も出てくるので秋組は男性客も多めなんですかね。あっ……、雄三さん、泣いてます……!
f:id:h-nami-0726:20171002221328j:image

小さい頃から知ってる左京の主演舞台を見て感極まるものがあったんですね……。

そして!ここで、初登場するのが……十座の弟九門くんです!
f:id:h-nami-0726:20171002221239j:image

やんちゃな男の子って感じでかわいいですね。十座とはまた違う感じの……。野球本当はやってないのでは……?
f:id:h-nami-0726:20171002221258j:image

てか九門も万里嫌いなのかよw

楽屋に戻ると左京に引っ付く迫田が……。こんな光景さっきも見たような……?どうやら迫田、千秋楽のチケットをかなり買い占めた様子。誰が来るんだ……?え、銀泉会のみんなが来るのwww本物のヤクザの方々が……。私絶対千秋楽見に行きたくない……。

何はともあれ、第3回秋組公演千秋楽まで全力で駆け抜けてください!

 

EP「その火は今も確かに」

なんだ、このタイトル……。意味深……。


f:id:h-nami-0726:20171002005157j:image

あれ?この背景見たことあるぞ、ここは……銀泉会の……会長の家……(1話で出てきたやつ)。会長に秋組団員といづみちゃん呼ばれて寿司食べてる……。

組員が「ヤクザA」とか「ヤクザB」になってるのジワる……。というか臣くんがお酒飲んでる描写初めて見たような……?私の解放してないバクステであったらごめんなさいだけど。槙田の立ち絵も出てきますね、久々に見ました。

食事会の後。いづみちゃんは会長に左京を劇団に入れてくれてありがとうと礼を言われます。本当いづみちゃん強い女性で尊敬する……。最近の女性向けソシャゲの主人公は芯の通ってる子が多くて、尊敬する部分が多いです。

ここで左京が槙田が呼んでいると会長さんを呼びに来ます。会長が席を外し、左京といづみちゃんふたりきりに……。

いづみちゃんの父親の幸夫さんの話をする左京。女手一つで育てられた左京にとって銀泉会の会長と劇団の総監督だった幸夫さんは父親のようなものだったそう。

「じゃあ私たちも義理の兄妹みたいなものですね!」

えぇっ!?いづみちゃん何言って……!
f:id:h-nami-0726:20171002220444j:image

左京ため息ついてるじゃん、もー、いづみちゃんってば……
f:id:h-nami-0726:20171002220507j:image

ん?どどどどどうした!?どどどどどういう意味!?こんな所ですごいセリフが投下されたよ、ここで私の思考は停止した……。
f:id:h-nami-0726:20171002220522j:image

いづみちゃん何も分かってねぇ!ぬぉー、もどかしい……!でも彼女らしいといえば彼女らしいか……。

左京はこれからの劇団のことを話し始めます。マンション購入費は劇団のために取っておくことにしたようです。(いづみちゃんとの結婚資金にするのかと……、あっ、すみません、黙ります……)なんかファンミとか言ってるけど今月開かれるやつですか?勘ぐってしまうぞ!

 

さて、意味深なEPのタイトル「その火は今も確かに」ですが、どうやらメインストーリーの秋組最終話「初恋の埋み火」と対になっていると、よく見ていらっしゃる監督さんが気づいていらっしゃいました。

うわうわうわうわ、しんど……。だいたい「初恋の埋み火」も大概しんどい話なんですよね。この話で左京は自分の初恋の人がいづみちゃんだと告白するのですが、演技だと誤魔化してしまいます。

秋組メインストーリー最終話のタイトルにある「埋み火」の意味私調べました渚 on Twitter: "埋み火(うずみび)とは・・・消したくない火種を灰でかぶせて火種を温存し、必要なとき再び火を燃え上がらせることを言う。消えない思いをそっとかくしてということにつながります。 https://t.co/5jUMpuguO4より 無理…………😭😢"

私のTwitterから引用。ツイートの引用元はリンクから飛べます。

埋み火とは火種が消えないように灰をかぶせておいたものなんですね。先人の知恵ですね。

そして今回のイベストEPのタイトルが「その火は今も確かに」なのです。この埋み火、今も確かに燃えているんです!そう、左京の中で初恋は終わっていないんです!なんでいい歳なのにこんな恋愛してるの……。うわぁ、応援してるよ、左京さん……。もうふたりの心からの幸せを願って合掌🙏🙏🙏

 
f:id:h-nami-0726:20171002220726j:image

 

公演曲「BUZAMA」

イントロが青春アミーゴを彷彿とさせ……あっ、なんでもないです。歌詞は今回の公演のセリフから来てるなっていうのが多いですし、途中にセリフの掛け合いもありますね。作詞が「僕らの絆」と一緒の利根川さんなのでまたセリフの掛け合いありましたね!十座がまだ少し棒読み感が残ってるのがまたいいですね。棒読みの演技できるの本当にすごいと思う……。武内駿輔さん脱帽です、えっ?まだ20歳?嘘やろ……。「one X one」で左京の声が某ゲームの赤い人にしか聞こえず(中の人同じなので)、大丈夫か……と思っていましたが今回の「BUZAMA」は左京の迫力が出てて良かったですね。ゲームサイズVer.が出てすぐ買いましたよ!毎日聞いてますよ!来月フルで聴けるのが楽しみです!

 

今イベの総評

今イベは歴代2位の大激戦だったようで……。私もなんとかSSR開花させました。

ストーリーでは左京の過去が色濃く出てましたね。彼の内面もかなり知ることができました。大切だと思えば思うほど手を引いてしまう……。秋組にはこういう人が多いのかなと思います。十座は秋組のキーパーソンですね。臣と左京を叱咤してますからね、ただ者じゃないぞ……。彼が主役をはる時が秋組の集大成になるのかな……。

あと左京の初恋の行方も見守っていきたい……。頑張れ、初恋こじらせヤクザ……。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。次回があるかは未定です^^;